coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スキー実習

現在、長野県にむけて夜光バスに揺られてます。
なぜ?
それはですね、大学のスキー実習っていう授業なんです。
高校でいう修学旅行みたいなもんなんかな?
五泊六日の旅に、19歳の中に、31歳が1人混ざってます。
辛い・・・。
さてどんな旅になるのやら。
まぁ、なるようになるか!
  1. 2013/02/19(火) 01:45:06|
  2. university life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝える力

学生生活について書くのは初めてですね。
先週末、教育実習に行くための学長面接がありました。
とはいっても、面接官は学長ではありませんでしたが。
面接の内容のなかで、学生生活について指摘がありました。
恥ずかしながら、学費や生活費が苦しく、後期はバイトばかり入ってて、あまり授業に参加できませんでした。
そのことに関して、すごく申し訳ないと思っていたので、指摘されても当然すみません!っと、本気で反省しました。
その指摘が5分続き、10分続き・・・。
最初は上述したように本気で反省していました。
ですが、正論を永遠に叩きつけられ、こちらが話す余裕もなく一方的に説教される。
こんなことが10分間続くと、途中からもうええやん!わかってるし!ってか、早く終わらないかなぁ。って思うようになりました。終わってすぐは、やっと解放されたと、全く面接官の言葉は残ってませんでした。
全部悪いのは僕です。わかってます。どんな理由があれ、僕は学生なんで授業に出席しなくてはいけない。それが仕事なんです。
ただ、その指摘を10分間続くと、やっぱり・・・。
今回のことは良い勉強になりました。
僕は指導者を目指しています。特に最近は、伝え方についてすごく興味があります。
最近の(ってか、昔からか。)ミニバスや中学、高校の指導者のように、にらめつけたり、怒鳴ったりなど、恐怖感で指導するやり方が納得いかない。
それと同じように、今回のように正論を一方的に永遠と叩きつけるても、相手には伝わらない。
それが理解できた。
ある意味、面接官には感謝します。
練習後にダラダラと説教する指導者ってたくさんいますよね。
それには意味がない。
僕の新しい始動スタイルが生まれた日になりました!
ありがとー!

  1. 2013/01/21(月) 20:32:12|
  2. university life
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。