coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来への活動!

今日は久しぶりにNBAを見れました。
月に3試合しか見れないので、どの試合を見るか選ぶのに慎重になってしまい
なかなか手を出せないんですよねぇ。
全試合見れるのに、通信量制限のせいで見れないって
かなり過酷です。。。
アトランタとワシントンを見たんですが
そこそこ面白かったです。
ただお互いにTOが多くて
1ゲーム通して締まらない感じが残念でした。
今月はあと2試合!
何見ようかなぁ。

先日、かなり懐かしい知り合いから連絡がありました。
その子は僕の1つ下なんですが
大濠高校で超有名人だったのでよく覚えています。
ポジションも一緒だったんで、嫌な思い出もありますが。。。
高校卒業後は関東の大学に進学し、その後はパナソニックで数年プレーしていました。
引退後もパナソニックで働いているのかな?
現在も関西にいるようです。
その子は今、日本のバスケットの未来について動いているそうです。
まぁ、すごーく簡単に言うと
アンダーカテゴリーの強化ですね。
学校主体からクラブチーム主体にして、各カテゴリーで確かなスキルを磨き、選手の底上げをしようとしているみたいです。
日本が国際大会に出れなくなった原因の1つに
国際大会のスケジュールに、日本のスケジュールが合っていない
ッということが挙げられていますよね。
インターハイや国体など、学校主体のスケジュールで動いていることがその原因ですよね。
この問題をすぐに解決するのは難しいと思う。
でも、学校主体でバスケットを進めていたら、これ以上の発展はないようにも思える。
その理由は、学校の先生がコーチをするには無理があるからだ。
教師とコーチは違う職種であることがまず1つ。
教師としての職務に追われ、バスケットに費やす時間が少なすぎることが1つ。
つまり指導者側に無理があるということだ。
また、学校には門限があったり、体育館の時間割が決められていたり、思うように練習ができないことも問題である。
実際僕が中学生の時は、週に3回ぐらいしか体育館は使えなかった。
僕らは一応全中にも出場しましたが、指導者もいないし、体育館だって上述したぐらいしか使えないような環境でした。
高校では、僕の高校は九州大会も何度か優勝し、インターハイでも準優勝しており、一応九州内では名門といわれている学校です。それでも毎日の練習はハーフコートしか使えません。
私立であればこのようなことはないかもしれませんが、公立ではこれが当たり前ですし、もっと悪い環境だってあるかもしれません。
更に言えば、ミニバスで全国大会なんてものをやるから、勝利主義になってしまっていることも問題です。
○○システムオフェンスだの、ゾーンプレスだの、ハーフコートゾーンなど、システムにこだわり過ぎて、個人スキルが身に付かない状況になっているそうです。
更に更に言えば、中学校から人を集めていますよね。
技術が高い物同士で練習するのは良いことなのかもしれません。
しかし、本来進学するべき学校に進んでいたら、試合に出て活躍していたかもしれない選手が
埋もれてしまうことも事実です。
埋もれてしまった子はどうなるのか?
きっと次のステップアップはできないでしょう。
だって、誰の目にもとまらないんですから。試合の経験が全くないんですから。
もしできたとしても、想像を絶するような努力とモチベーションが必要でしょう。
こういったことが理由で、僕もクラブチームを作ることには賛成です。
勝利主義から離れて、各年代で身につけなければならないスキルを設定し、年代が上がるごとに、選手としてのスキルを増やしていく。そしてその先に、高校や大学、bjやNBLなどに排出されていく。こういったシステムは必要だと思う。
また、学校の先生や、単なるバスケ好きの近所のおじさん、おばさんにはコーチはできないと思う。
だって、それが仕事ではないんですから。
学校の先生や、近所のおじさん、おばさんが悪いというわけではなく
コーチングとしてお給料をもらえない限り
コーチングに集中できないと思います。
どんな仕事だって、片手間でやられたら困るでしょっ?
コーチングだって同じだと思う。
クラブチームができ、HCやACなどといった職業が確立されれば
それで飯が食えるようになる。
コーチングに集中でき
日本の指導者のスキルも上がると思う。
学校の先生は学校の先生だし
バスケ好きはバスケ好きでしかないんですから
どんな世界でもプロとアマでは違いがあるのは明確です。
少し話がずれたようなので戻しますが
その知人は自分のキャリアや人脈をもとに
活動を始めたそうです。
とりあえずは関西からスタートし、いずれ大きくしたいと考えているのでしょう。
バスケットもJリーグや野球のように
地域のクラブチームが発展していくといいですね!
実に楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/14(水) 02:29:27|
  2. basketball
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トライアンズ存続! | ホーム | オールジャパン男子!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://coach15.blog.fc2.com/tb.php/219-6bd2a6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。