coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本代表

今、ウィリアム・ジョーンズカップとU-17のFIBA世界選手権が行われています。
みなさんは、この結果をどう見るのだろうか?
私はHCが変わり、期待していました。ようやく、変化しようとしているのだと思っていました。
ですが、結果は全敗。。。
ボックススコアを見れば、リバウンドは常に2桁以上の差。最悪の試合では3倍の差が出ている試合もある。
試合後のコメントには、必ずリバウンドのことが書かれているのにもかかわらず、改善されているようには思えない。
確かに日本の平均身長は他国と比べてかなり低い。
しかし、これほどまでに差が出るものなのか。
私の知り合いがリバウンドについて研究していたことがあった。
彼が言うには、日本人でもリバウンドは負けないそうだ。しかし、現に負けているではないかと突っ込んだところ、それはスクリーンアウトをしていないからだ。っとかえってきた。彼の研究結果では、スクリーンアウトをしているときは、日本人でもリバウンドを取れている。それが100%信頼できる研究結果ではないにしても、間違ってはいないと私は思う。
日本の試合を見ると、明らかに他国よりリバウンド意識が低い。
これを改善しない限り、日本に未来はないだろう。
また、3pの試投数は日本が一番多いのではないか?
確かに最近は、シュートがうまい選手が増えてきている。しかし、何でもかんでも打てばいいというものではないと思う。
誰かがこれをコントロールしなければ、永遠に3pもしくはミドルショットを打ち続けてしまう。
これでは勝てない。3pの確率が40%程度あるときはまだいい。しかし、5%の数字を出している試合もある。
結局のところ、シュートが入れば良い試合ができる(勝つことはない)し、入らなければ惨敗。そういうバスケットをしているということだ。
ビクトリア大学と試合をした、日本の大学選抜チームのHCは、「あいてたら打て!」と指示していると記事に載っていた。
確かに間違いではないと思う。私も小さいときからそう教わってきた。
しかし、それはあくまでもそういう選択肢があるというだけで、ドライブという選択肢だってあるはずだ。
つまり、ドライブもショットも混ぜろ!ということだ。
それを理解できていないのではないだろうか。
試合を見れば、みんな好き勝手シュートを放ちまくる。
あまりにもお粗末である。
そして、フリースローの本数は、他国に比べると明らかに少ない。
0本なんていう試合すらある。
つまり、アタックしていないということだ。
アタックといえば、みんなドライブだと考えるだろうが、それだけではない。
リムカットもあれば、オンボールスクリーン後にロールダウンすることだって、立派なアタックだ。
しかし、日本のプレーには、リムカットは見られることはない。
もっとひどいのは、オンボールスクリーンの後は、必ずと言っていいほどポップアウトする。
もちろんロールダウンしても、相手が大きくてスコアできないかもしれない。
しかし、スコアできるかもしれないし、ファールをもらえるかもしれない。
もっと言えば、スコアできるようにリム付近のシュート練習をすればいい。
他国のオンボールスクリーン後には、ほとんどがロールダウンする。
ロールダウンした選手にパスを送るときもあれば、ロールダウンでできたドライブレーンをアタックすることもある。
ロールダウンした選手にヘルプがよれば、ドラッグしてクローズアウトシチュエーションを攻める。
全てロールダウンするべきとまでは言わないが、もっと混ぜてもいいのではないか。
ペイントエリアでのスコアも、日本は明らかに劣っている。
これでは確率の悪いシュートしか打っていないと言っても過言ではない。
日本は相手にターンオーバーをさせることには勝っている。(あくまでもボックススコア上の数字だけだが)
それにもかかわらず、ペイントエリアのスコアが少ないということは、結局スティール後もレイアップではなく、ジャンプショットもしくは3pなのだ。
それはなぜか、単純に走っていないからだと思う。
私が言う走るとは、スプリントすることだ。
体力測定で50m走を走るように、全速力で走ることだ。
残念なことに日本にはこの習慣がない。
上記したことは、誰もが思いつくことだろう。
しかし、日本のプレーが変わらないのはなぜだろうか?
コーチに問題があるのか?それとも選手にあるのか?はたまた協会か?
いずれにせよ、このままでは日本に未来はないと思う。
自分の生まれた国の、自分の大好きなスポーツが低迷していることはとても悲しいことだ。
どうにか成長してくれることを願う。。。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/15(金) 04:03:18|
  2. basketball
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<合宿!! | ホーム | 愛媛遠征!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://coach15.blog.fc2.com/tb.php/184-61e210bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。