coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

toughness

"toughness"とはなんぞや!!
現在勉強しています。
今勉強に使っている資料は、John CalipariがMemphis大のHCのときに、プレイヤーに示したものです。
toughness=これ!!
ってことが書いてて、とてもわかりやすい。
はっきり言えることは、「厳しい訓練や、処罰に耐えることではない」
っということですね。
でも、厳しい鍛錬に耐えることこそがtoughnessだという人が多いのが現実。
先日教育実習で高校の教師を体験してきました。
体育教師は皆、厳しい態度を示し、生徒を恐怖で支配しているように感じました。
これが生徒のためだと信じて、彼らは行動しているようです。
確かに、抑えるというか制限することは必要だと思う。
しかし、その方法は考えなくてはいけないのでは。
ゆとり教育のせいで、今の子供たちは・・・。
昔は殴れたから楽だった。
ってことを多く聞きます。
そのゆとりをなくすために厳しい鍛錬が必要なのでしょうか?
叩いたり、走らせたり、人前で罵声を浴びさせたり、そういったことが必要なのだろうか?
僕は違うような気がします。
もっと違う方法があるはず。
その方法の1つとして、toughnessとは何かを明確に示してあげることだ。
それがわかれば行動するプレイヤーは増えるはず。
それでも行動しないプレイヤーがいれば、また違う方法を考える。
その繰り返しが、僕とプレイヤーの成長につながる。
難しいけど、それしかないのです!
って、僕は考えます。
さーて、今日も練習頑張ってきます。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 10:32:23|
  2. basketball
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英会話 | ホーム | 夢?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://coach15.blog.fc2.com/tb.php/160-2e1d38a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。