coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツ心理学という授業がある。
以前女子高校生にバスケットを教えてるとき、あまりにも彼女たちの心がわからず、この分野に非常に興味をもった。
当時社会人だったので、本屋さんで本を買いあさり、できる限りの知識を得た。
脳との関わりが強く、自分の心をコントロールするのにも、トレーニングが必要。つまり、心にもスキルがあるんだとわかった。
それからは、心のトレーニングも行った。
練習前後にリラックスした状態で2分間目を閉じ、良いイメージをさせる。
セルフトーク、自分の未来への作文、目標設定などなど試した。
それから少しずつだが、彼女たちに変化が見られた。
練習にたいしてポジティブになり、自主練まで始める子が出てきた。
いつも試合の入りが悪かったが、それも改善された。
ミスを恐れて消極的だったプレーも、アクティブになった。
もちろんこの全てが、メンタルトレーニングによるものかどうかはわからない。
しかし、その助けになったと僕は信じている。
最初にも書いたように、スポーツ心理学の授業を受けてる。
内容は、自分で勉強したメンタルトレーニングとほぼ同じだ。
すごく興味があることなので、この授業が楽しくて楽しくて。
って、ならないんです!
なぜか?
それは教授が面白くないんです。
彼はすごく話上手です。
学生目線に下ろして話します。
ですが彼からは、
目線を下ろしてやってる。
そのように感じる。
話のなかに自分の経歴を謙虚に混ぜてくる。
これもただの自慢話のように聞こえる。
もちろん僕の勘違いかもしれない。
しかし、そもそもメンタルトレーニングとは、うさんくさいものだと認知されている。
それを、子供だましのようなしゃべり方で進められると、余計にうさんくさく聞こえる。
授業を受けて、非常に残念だった。
スポーツ心理学のプロ講師は、メンタルトレーニングの重要性を説くのであれば、もっと責任感をもつべきだ。
どんなに良いことをいっても、素晴らしい内容でも、伝わらなければ意味がない。
非常に残念だ。
彼のおかげで1つ勉強できた。
それは、伝える力の重要性だ。
僕も伝えるのは非常に下手である。
もっと言葉を知らなくてはいけない。
もっとしゃべり方を知らなくてはいけない。
もっと話す技術を知らなくてはいけない。
そもそも、話を聞きたい!と思えるような人間にならなくてはいけない。真面目で堅実で一生懸命な人間。最近よく言われる人間力というものだ。(ちなみに僕は、この人間力という言葉は大嫌いだ。具体性のない都合の良い言葉にしか聞こえないからだ)
このオフ期間に学ぶべきものはたくさんある!
スポンサーサイト
  1. 2014/01/25(土) 11:25:51|
  2. private
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<頑張らなくちゃっ! | ホーム | AC>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://coach15.blog.fc2.com/tb.php/148-8ff7f456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。