coach-T ~Great tarents mature late~

coach-T's basketball diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これミニバスにイイんじゃね!

最近
「dribble drive motion offense 」
を追いかけています。
自分なりの解釈で、自分のチームにも取り入れています。
もちろん、オフェンスのベースになんかはしませんよ。
あくまでもプレーの1つです。
話がそれちゃいそうなんで、ここで本題に戻そう。
dribble drive!名前通りのシステムです。
4out 1inでスペースを作り、そこにアタックする。
もちろんそのなかには、いくつかのルールがありますが、簡単に言えばそんな感じです。
これが、ミニバスや中学生ぐらいには必要なんじゃないかなと。
なぜかっていうと、とても個人スキルが必要だからです。
プレーを簡単に説明しましたが、実際やるとスゴく難しい!
だって、ドリブルのスキルも、レイアップのスキルも、パスのスキルも、状況判断のスキルもいるわけですよ。しかも速いスピードの中でやらなくちゃいけない!
ドリブルやパスの練習はしてても、レイアップの練習をしてるチームがどれだけあるか・・・。
うちはやってます!って言うチームもあるとは思いますが、クローズアップやフック、ビハインドにパワーレイアップ。ユーロステップを混ぜるとか、やってますか?
そこまでやって、初めてやってると言えると僕は思う。
さらにいうと、最近ではストリートバスケや3on3,AND1などの普及によって、派手に見せるプレーが増えています。そのせいで、ムダにドリブル技術(インサイドアウト、クロスオーバー、レッグスルー、ビハインド、スピンムーブなど)を多用し、1on1を行う。結果、ターンオーバーやタフショットをするプレイヤーが多い。
でも、これは直線的にアタックする。
作られたシチュエーションの中で1on1を行う。
不必要な派手なプレーは、かえって自分を苦しめるシステムです。
また、4outなのでビックマンもアタックに参加します。
少しシステムをイジれば、1inのプレイヤーをシャッフルすることもできるし、もしかしたら5outにもできるかもしれません。
ビックマンもこういうプレーをすることで、スキルアップするんじゃないかな?
日本のビックマンは、他の国に比べて遥かに不器用です。
フットワークが悪いです。
一概には言えませんが、ミニバスや中学生ぐらいのときに大きいプレイヤーは、センターという枠にはめられ、リム付近でシュートしかしないからです。
もっとひどければ、ボールすら触らせてもらえずに、コートを往復してるだけだからです。
これだとビックマンのスキルは上がらないし、もしかしたら、バスケが面白くなくて辞めてしまうかもです。
あくまでも僕の考えですけどね。
けど、自分がミニバスのときにこれがあったら、もっとスキルアップしてたと思うし、もっとバスケが好きになってたかもと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/14(金) 00:53:21|
  2. basketball
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悔しいー! | ホーム | scrimmage!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://coach15.blog.fc2.com/tb.php/109-8b625705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。